読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBエンジニア奮闘記

日々の業務から思ったこと、学んだことを書き連ねていきます。

ユーザの追加作成手順のメモ

Linux 備忘録

ユーザ追加の作業の際にすることを備忘録としてまとめた。
今回はtestユーザを作成。
 

testユーザ作成(rootユーザで作業)

> useradd test(任意のユーザ名)  
> passwd test(任意のパスワード)

 

testユーザの秘密鍵を作成(testユーザで作業)

> su - test  
> ssh-keygen -t rsa  
> cp ~/.ssh/id_rsa.pub ~/.authorized_keys  
> rm ~/.ssh/id_rsa.pub
> chmod 700 ~/.ssh
> chmod 600 ~/.ssh/authorized_keys

~/.ssh/id_rsaを自分のローカルの任意に場所に保存した後、サーバ上から削除
 

rootログインを不許可(rootユーザで作業)

> visudo

# root ALL=(ALL) ALL の下に以下を追記
test ALL=(ALL) ALL

# rootでのログインを不許可に
> vim /etc/ssh/sshd_config
PermitRootLogin no

# sshdの再起動
> service sshd restart 

最後に、今接続しているコンソールとは別にコンソールを立ち上げ、testユーザでSSH接続できるか確認する。あまりこの作業をすることがないので、忘れることが多いが忘れてはいけないとも思う次第。。。