WEBエンジニア奮闘記

日々の業務から思ったこと、学んだことを書き連ねていきます。

webエンジニアの常識とは何か

1.問題提起

先日仕事中に、先輩が新人君に対して

「それはwebエンジニアの常識だろ」

と怒っていた。 私は学生の頃の研究分野が数学の一分野だったので、この発言はエグいなと感じた。新人君はハードウェア寄りの研究をしていたので、やはりwebエンジニアとは畑が違う新人君は申し訳なさそうな顔をしつつ、何も言えていなかった。(流石に入社2ヶ月でweb業界の常識を理解しているとは思えない…)

さて、個人的にweb業界で2年間働いてきたが、この先輩の発言「webエンジニア」の常識とは何かを考えたことがなかったので、考えてみた。個人的にこれは知ってて当然と思うものは常識として、単語をピックアップ。
特にカテゴライズしてないただの羅列です。

2.リストアップ

  • apacheなどのwebサーバ
  • SSH接続
  • http、https
  • hosts
  • ドメイン
  • 22番、80番、443番ポート
  • 以下のショートカットキー
    • Ctrl + F
    • Ctrl + リンククリック
  • vi, vim
  • git(※1)
  • 画面を右クリック → 要素を調査 ※chromeなら「要素を検証」
  • IEによるデザイン崩れ(※2)
  • Redmine(※3)

※1 これはwebエンジニアだけじゃないかな
※2 ずっと苦しめられている課題 リリース前のテストは必須
※3 管理ツールとして代表例  
 

こんなところかなと。
途中、これはいらないかなーと思うものもいくつかあるが、全て業務で使っているものなのであげた。

3.終わりに

「これも知っててほしい」、また「これはいらないじゃろ」って意見ありましたら、
コメントいただけると嬉しいです。今後の新人の研修・教育方針の参考にしたいと思ってます。

では。