WEBエンジニア奮闘記

日々の業務から思ったこと、学んだことを書き連ねていきます。

転職して3ヶ月で学んだもの、得たもの、思ったこと

今週の16日で転職して満3か月が経ったので、ちょっと振り返ってみようと思う。
※先に結論を言うと、「転職はいいよ♪」って話です。

学んだもの

主に技術のことにはなるが、このたった3カ月でたくさんの新しい技術に触れさせていただいた♪ 自分はとにかく技術が好きで、また学ぶことそれ自体も好きだ。 その学んだことをまとめてみたいと思う。

新しい言語から、新しいフレームワークやライブラリ、新しいツール、新しい…分野?(←機械学習関連のこと) 実はこれって、前職で勤務した2年7ヶ月で新しく習得した技術の量・質に匹敵すると思う。 たった3カ月でかなり新しい技術に触れて学んだなぁ、と思う次第。 以前は、働きながら学べる技術が決まっていて、それで回せるようになれば、 次はマネジメントの方のことしか学べなくなるようなところだった。(とは言え、それも体系的にではなく、現場でたたき上げで経験しながらだが)

得たもの

これも列挙するが、ほぼ「時間」に関するもの。正直これらは自分の人生においてとても大きい。 ある意味で人間としての幸福(少なくともそれを得るためのもの)を得ることができた。 さて、ではどんなものを得たのか書いていくべ!

  • 家族(主に嫁)との時間
  • 自分だけの時間
  • 勉強時間
  • 睡眠時間
  • 友達との時間(主に飲み会)
  • 心の余裕
  • ちょっと増えたお給料
  • 社内での行動・選択の自由
  • 楽しく働ける職場環境
  • 出勤という名目で外部の勉強会に参加

書いてて思ったが、人間としての生活を得たと言ってもいいかもしれない(笑)そして、最後のものがある意味で一番嬉しかったりする♪

思ったこと

日本人は良くも悪くも「真面目」なのだ。(自分もしょっちゅう言われるのだが) もし転職するとしても、

  「今のプロジェクトや案件が終わってないので、今すぐに辞められては困る!」

という理由から、転職先から内定をもらったとしても、実際に移る時期は数ヶ月後…なんてことになりかねない。 (実際にウチの会社に今そういう理由でまだ来ない人がいる)ある意味で割り切るというか、心を鬼にした方がいいと思う。

人がいなければいるメンバーでなんとかするじゃろうし、するしかない。どちらにしろあなたは辞めるのだから、 いっその事、辞める会社のことは気にせず去ってしまえばええかと。あなたの人生だし。

えっ、自分?私はプロジェクトがいったん収束してから転職しましたよ?←

終わりに

転職しようと思っている人。特に若いプログラマ・エンジニアの人。 環境も新しくなるし、体も一回クリアになるため、ちゃんとリスタートできるけん、 個人的に転職はお勧めするが、失敗しないようにしっかり話を聞き、考えて選択しよう。 失敗したら今より環境が悪い職場に就職してしまうことになる。(そんな話も巷にはごまんとある)

また一方で「時期を逃す失敗」もある。ずるずると引き延ばしたせいで、転職するタイミングを逃してしまい、 結局今の職場で頑張り続けてしまう人も仰山おる。だけん、もし良いなと思う転職先が見つかったなら、 さらにその会社から内定を頂いたのなら、できるだけ早く転職しんさい!後悔はしないはず。

注意点として、円満に会社を辞められるように、しっかり今の自分の仕事だけは終わらせること。 途中で抜けることになったとしても、しっかり引き継ぎ資料は残していくこと。 これは社会人としてのマナーである。それさえすれば、後はスパッと転職しよう!